RSS
琉球ガラス・グラスのメニュー
琉球ガラス・グラスのトップへシーサーのトップへちび絵のトップへ琉球ガラス・グラスの引き出物のトップへ琉球ガラス・グラスの引き出物トップへ

琉球ガラスの歴史

琉球ガ

ラスの歴史

琉球

ガラスの歴史と特徴


琉球ガラスが沖縄で初めてガラスが作られたのは明治中旬頃と言われ、「宙吹き法」や「型吹き法」な どの手法を使った吹きガラス工芸で、明治時代に長崎や大阪からやってきたガラス職人によって伝えら れ、主にランプなどの生活用品が作られたのが琉球ガラスの歴史の始まりとされています。

戦後、沖縄に米国駐留軍が使用したソーダ瓶やビール瓶などの色のついた廃瓶をリサイクルという形で 再生させて作っており、米軍などのアメリカ人向けに販売されていました。
当時、気泡の入ったガラスはB級品として扱われていましたが、次第に米国駐留軍からの需要が伸び始 めることによりガラス造りは発展していきました。

後に、沖縄海洋博覧会をきっかけに沖縄の観光土産品として注目を集め、沖縄の観光産業が活発になっ てくると全国からの需要が伸び始め、生産量も格段に増え、各工房も競ってオリジナリティーの高い琉 球ガラスを生産するようになり、とても活気のある工芸品・観光品土産品へと発展致しました。

1998年に琉球ガラスが沖縄県の『伝統工芸品』に認定され、多くのガラス工房や個人工房が増え、県 内各地の作品を一堂に展示するイベントも活発に行われ、「現代の名工」(労働大臣表彰)に認定され る職人も誕生致しました。

現在では、B級品として扱われていた気泡等も琉球ガラス独自のデザインとして認知され、「ブランド 」として確立致しました。



くば

笠屋の扱う琉球ガラス、今後の取り組み


当店で扱う琉球ガラスは、ガラス職人がひとつひとつ手作りしたものです。そのためグラス1つ1つの表情が異なります。それを”味わい”として楽しめるのが手作りならではの醍醐味。自分だけの「マイグラス」をお楽しみくださいませ。

沖縄の“いいもの”をメインに全国の皆様にお届けすることでお客様を笑顔に!お客様をHappyに!これこそが私共にとって、喜びであり、原動力となっております。

心が和む色彩豊かな『琉球ガラス』をこれからも、 『kubagasaya』から発信し、お届けします!


【琉球ガラス専門店 くば笠屋国際通り(平和通り店)】


琉球ガラスの引き出物(引出物)・結婚祝い・内祝い
↑世界中で当店のみの限定販売「琉球ガラス・シェルハートグラス」を見る♪