RSS
琉球ガラス・グラスのメニュー
琉球ガラス・グラスのトップへシーサーのトップへちび絵のトップへ琉球ガラス・グラスの引き出物のトップへ琉球ガラス・グラスの引き出物トップへ

琉球ガラスの歴史






琉球ガラスが作られ始めたのは明治の中期ごろとされています。


沖縄の数多くある伝統工芸の中でも、まだまだ歴史の浅い新しい工芸です。


量産的に作られるようになったのは、 戦後間もない頃、

アメリカ軍の駐留軍人向けに作られるようになった事がきっかけとなりました。


当時沖縄を占領したアメリカ兵が捨てた、

清涼飲料の空き瓶を資源としリサイクルして生まれたのが、

現代に続く色彩豊かな琉球ガラスの始まりとされています。



琉球ガラスの歴史 琉球ガラスの歴史 琉球ガラスの歴史 琉球ガラスの歴史




アメリカ軍が戦後も駐留し続けた歴史背景から、琉球ガラスは著しく発展を遂げます。


その頃の琉球ガラスの原料は再生ガラスが主でした。


厚みがあり、また、ガラスの中に気泡が入り、

色味も現在のような原色の鮮やかな色合いではなく、

むしろくすんだ透明色が主色でした。


しかし、他のガラス器に見られるようなガラス特有の透明感や

冷たい感じや繊細さはなく、 深みのある色合いや独特の気泡が、

むしろ沖縄らしい魅力として喜ばれ、現代に至るようになりました。


本来ならば不良品扱いとなる気泡も、

琉球ガラスの特徴として取り入れ、活かし、深め、

原料ガラスを使う工房が増える今日でも、

素朴な味わいや、光の芸術として受け継がれています。








琉球ガラスの製法には、

ガラスを吹き竿の先に巻き取って息を吹き込み形を整える「宙吹き」と、

型の中に直接吹き込む「型吹き」とがあります。

成形における吹きガラスの工程は、

一切が冷え切らないうちに仕上げなければなりません。


1400度にもなる炎で熱せられたガラスはドロドロに溶けており、

生き物のように絶えず動きます。


一瞬たりとも気を抜けないないその作業は、

想像を超えた暑さになります。


そんな中で、意志を持ってるかの様なガラスの動きに心を合わせ、

本来持つガラスの特徴に向き合うことで、

作り手の意志や技術を超えた琉球ガラスの色彩や、

輝きが生まれるのです。









当店で扱う琉球ガラスは、

ガラス職人がひとつひとつ手作りしたものです。


沖縄の“いいもの”をメインに全国の皆様にお届けすることで

お客様を笑顔に!お客様をHappyに!

これこそが私共にとって、喜びであり、原動力となっております。


心が和む色彩豊かな『琉球ガラス』をこれからも、

『kubagasaya』から発信し、お届けします!